麻生氏「デジタル通貨で成果」=引き続き協調―G7財務相・中銀総裁会議

政治・外交 経済・ビジネス

日米欧など先進7カ国(G7)の財務相・中央銀行総裁によるテレビ会議が7日夜(日本時間)、開かれた。麻生太郎財務相は会議で、この1年の成果として、中銀のデジタル通貨について透明性や法の支配など3条件を満たすよう求めたことを挙げた。また、新型コロナウイルスの流行などにG7で引き続き協調して対応する意向を示した。

20カ国・地域(G20)は11月、コロナ禍を受け、医療体制や財務基盤が弱い開発途上国の債務を減免する枠組みで合意した。麻生氏は、G7がこの議論を主導したことも重要な成果だと強調した。

先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁のテレビ会議に出席した麻生太郎財務相=7日夜、財務省(同省提供)先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁のテレビ会議に出席した麻生太郎財務相=7日夜、財務省(同省提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 経済国際会議 金融政策 日本 米国