国内死者、最多47人=重症536人も―新型コロナ

社会 暮らし

国内では8日、新型コロナウイルスに感染した死者が新たに47人確認され、1日当たりで過去最多を更新した。厚生労働省によると、8日時点の全国の重症者は前日より6人増え、過去最多の536人となった。

新たに確認された死者は、北海道と大阪府で各9人、東京都で6人、愛知県で4人、埼玉県と兵庫県で各3人、神奈川県と千葉県で各2人など。全国の死者の累計は2458人となった。

国内では8日、44都道府県と空港検疫で新たに2175人の新型コロナウイルス感染が確認された。東京都では、新たに352人の感染が確認された。重症者は前日より5人増え、60人。

大阪府では、未就学の男児の重症が確認された。男児には基礎疾患があるという。

京都府では過去最多の63人が感染。うち12人は同志社大ラグビー部の合宿寮(京田辺市)で暮らす学生で、合宿寮で感染した学生は13人となった。

香川県でも最多の17人が感染。埼玉県では172人が感染し、最多に並んだ。新潟県では初めて死者1人が確認された。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本 東京都