経済対策、73.6兆円=コロナ感染防止へ自治体・医療支援―閣議決定

政治・外交

政府は8日の臨時閣議で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた追加経済対策を決定した。金融機関の融資などを含む事業規模は73.6兆円で、このうち国・地方の歳出は32.3兆円とする。営業時間短縮の要請に応じた飲食店に対し、自治体が支払う協力金の財源となる「地方創生臨時交付金」を拡充。医療機関向けの「緊急包括支援交付金」の増額も盛り込み、感染防止に万全を期す姿勢を示した。

菅義偉首相は臨時閣議に先立つ経済財政諮問会議で、対策の経済効果について「(実質)国内総生産(GDP)に換算して3.6%程度と見込んでいる」と説明した。

経済財政諮問会議で発言する菅義偉首相=8日午後、首相官邸経済財政諮問会議で発言する菅義偉首相=8日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 マクロ経済政策 日本