一龍斎貞水さん死去、81歳=講談界初の人間国宝

社会 文化

講談界初の人間国宝で、怪談ばなしで知られた講談師の一龍斎貞水(いちりゅうさい・ていすい、本名浅野清太郎=あさの・せいたろう)さんが3日午前3時35分、肺がんによる肺炎を併発し、東京都内の病院で死去した。81歳だった。葬儀は近親者で行った。後日、しのぶ会を開く。喪主は長男浅野丈太郎(あさの・じょうたろう)さん。

東京・湯島天神で生まれ、1955年、高校入学と同時に五代目一龍斎貞丈に入門、初高座。66年、真打ちに昇進し、六代目貞水を襲名した。照明や音響などを駆使した手法が「立体怪談」と呼ばれ、得意の「四谷怪談」などで「怪談の貞水」と呼ばれた。2002年、講談師として初めて人間国宝に認定。09年、旭日小綬章。02~06年と、10年から現在まで講談協会会長を務めた。

がんと闘病しながら高座を務め続け、今年11月25日が最後になった。

一龍斎貞水さん一龍斎貞水さん

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化 社会 訃報 日本