鶴竜関が日本国籍取得=白鵬関に続き、親方への道―大相撲

スポーツ

大相撲でモンゴル出身の横綱鶴竜関(35)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、陸奥部屋=が日本国籍を取得した。10日付の官報に告示された。外国出身力士が引退後、親方として日本相撲協会に残るために必要だった。昨年9月には同じモンゴル出身の横綱白鵬関も日本国籍を取得した。

外国出身親方では、米ハワイ州出身の武蔵川親方(元横綱武蔵丸)のほか、ブルガリア出身の鳴戸親方(元大関琴欧洲)、モンゴル出身の友綱親方(元関脇旭天鵬)らが部屋の師匠を務めている。

鶴竜関は2001年九州場所に井筒部屋から初土俵を踏み、14年春場所後に71人目の横綱に昇進。昨年7月の名古屋場所で6度目の優勝を遂げた。同年9月に師匠だった元関脇逆鉾の井筒親方が死去したのに伴い、陸奥部屋に転属したが、その後は腰痛などに苦しみ、今年は3月の春場所しか皆勤がなかった。11月には、横綱審議委員会から白鵬関とともに「注意」の決議を受けた。

横綱鶴竜横綱鶴竜

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 相撲 スポーツ 日本 モンゴル