シャンシャン返還、来年5月に=両親も5年延長―東京・上野動物園

社会 政治・外交

東京都の小池百合子知事は10日、上野動物園(台東区)で飼育されている雌のジャイアントパンダ「シャンシャン」(3歳)について、来年5月末まで返還期限を延長することで中国側と合意したことを明らかにした。父「リーリー」と母「シンシン」の返還も5年間延長が決まった。

シャンシャンは今月末、リーリーとシンシンは来年2月までに返還する取り決めとなっていた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、パンダの保護施設がある中国・成都市への直行便が運休していることなどを考慮した。小池知事は「パンダの輸送に当たる日中の専門家の渡航が困難なことから総合的に判断した」と述べた。

2歳の誕生日を前に、報道陣に公開されたジャイアントパンダのシャンシャン=2019年6月、東京都台東区の上野動物園2歳の誕生日を前に、報道陣に公開されたジャイアントパンダのシャンシャン=2019年6月、東京都台東区の上野動物園

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 環境・生物・自然 社会 その他政策(社会面向け) 中国 日本 東京都