大島議長、きょう在職最長タイ=「歴史の重み踏まえ努力」

政治・外交

大島理森衆院議長(74)は11日、在職日数が2029日となり、歴代最長の河野洋平氏に並んだ。12日には単独1位となる。衆院議長は総選挙を区切りに交代するのが通例だが、年明けの衆院解散は見送られる公算が大きくなっており、大島氏は記録をさらに伸ばしそうだ。

大島氏は10日、時事通信のインタビューに「大変名誉だ。議会を開設した諸先人らが、日本の議会を守ってきた歴史の重みを踏まえつつ、初心に帰って努力しなければならない」と語った。

インタビューに答える大島理森衆院議長=10日午後、東京・永田町の衆院議長公邸インタビューに答える大島理森衆院議長=10日午後、東京・永田町の衆院議長公邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 日本