岡山で鳥インフル=9県に拡大、64万羽殺処分

政治・外交 社会

岡山県は11日、美作市の養鶏場で発生した鳥インフルエンザが、致死率の高い高病原性とみられることが分かったと発表した。感染拡大を防ぐため、飼育する約64万羽を全て殺処分する。今年発生した鳥インフルによる殺処分では、一つの事例として国内最大規模となる。養鶏場での感染は同県内で今年初めてで、全国9県に拡大した。

高病原性とみられる鳥インフルエンザが発生した養鶏場で殺処分の作業に入る岡山県職員ら=11日午前、同県美作市(同県提供)高病原性とみられる鳥インフルエンザが発生した養鶏場で殺処分の作業に入る岡山県職員ら=11日午前、同県美作市(同県提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 軍・自衛隊(社会面) 社会 安全・危機管理 日本