会場建設費600億円上振れ=25年大阪・関西万博―井上万博相

政治・外交

井上信治万博担当相は11日の閣議後記者会見で、2025年開催の国際博覧会(大阪・関西万博)の会場建設費が当初より600億円上振れし、最大で1850億円になるとの試算を公表した。暑さ対策の強化などが主な要因。井上氏は同日夕、大阪府・市を訪れて吉村洋文知事と松井一郎市長に説明する。

日本国際博覧会協会が試算したもので、年内に策定する基本計画に盛り込む。上振れの要因は▽暑さ対策のミストやトイレなどの整備(320億円)▽迎賓館に併設する日本庭園、レストランや物販施設などの整備(110億円)▽会場のメイン通りに設置する大屋根の設計変更(170億円)―。

建設費は国と府・市、経済界が3分の1ずつ負担するルールで、それぞれ200億円の負担増となる。井上氏は会見で「今回の金額は上限であると考えている」と述べ、今後の詳細設計や契約、工事の各段階でコスト削減に努める考えを示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 行政一般(政治欄向け) 日本 大阪府