菅首相、中国TPP加盟に「ハードル」=夫婦別姓は時間かけて

政治・外交

菅義偉首相は11日、インターネットサイト「ニコニコ動画」の番組に出演し、中国の習近平国家主席が意欲を示す同国の環太平洋連携協定(TPP)参加について「(TPPの)細則に合うところでなければ(加盟)できない。大きなハードルがある」と否定的な見解を表明した。同様に加盟に前向きな韓国や台湾についても「戦略的に対応する」と述べ、慎重に検討する考えを示した。

選択的夫婦別姓について、首相は世論や自民党内に賛否両論があることに言及。「時間をかけて対応していく」と述べ、議論の行方を見守る意向を明らかにした。首相は11月の国会答弁で、選択的夫婦別姓に理解を示していた過去の発言に「責任がある」と述べたが、番組では自身の立場を明確にしなかった。

沖縄県・尖閣諸島に対する中国の領有権の主張に関しては「絶対受け入れられない」と強調。米国のバイデン次期大統領が首相との初の電話会談で、対日防衛義務を定めた日米安全保障条約第5条の尖閣適用を伝えたことを「日本が何を望んでいるかよく分かっている」と高く評価した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 中国 日本 台湾