運転免許証と24年度末一体化=マイナンバーで報告書―政府WG

政治・外交

政府は11日、マイナンバー制度と行政のデジタル化に関するワーキンググループ(WG)の会合を首相官邸で開き、報告書を取りまとめた。菅義偉首相は2026年中としていたマイナンバーカードと運転免許証の一体化について「できるだけ前倒しし、24年度末までに実現する」と表明した。

首相はまた、自治体ごとに異なる業務システムを25年度末までに統一する考えも改めて示した。国家公務員の採用試験については「22年度にデジタル人材のための新たな試験区分を創設することを目指し検討を進める」と明らかにした。

マイナンバー制度と行政のデジタル化に関するワーキンググループで発言する菅義偉首相(左)。右は平井卓也デジタル改革担当相=11日午後、首相官邸マイナンバー制度と行政のデジタル化に関するワーキンググループで発言する菅義偉首相(左)。右は平井卓也デジタル改革担当相=11日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 行政改革 日本