滋賀で鳥インフル=10県に拡大、1万羽殺処分

政治・外交

滋賀県は13日、東近江市の養鶏場で致死率の高い高病原性とみられる鳥インフルエンザが発生したと発表した。県は飼育する約1万羽を殺処分した。養鶏場での感染は同県では今シーズン初めてで、香川、福岡、兵庫、宮崎、奈良、広島、大分、和歌山、岡山に続き、10県に拡大した。

県によると、東近江市の養鶏場からの連絡を受けて実施した鳥インフルの簡易検査で陽性反応を確認。より詳細な遺伝子検査で、高病原性の可能性が高いことが分かった。半径10キロ圏内の養鶏場に対する鶏や卵の移動制限なども求めた。

殺処分した鶏を埋める溝の準備作業をする滋賀県職員=13日、同県東近江市(同県提供)殺処分した鶏を埋める溝の準備作業をする滋賀県職員=13日、同県東近江市(同県提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 日本 滋賀県