映画「鬼滅」、300億円超え=「千と千尋」以来の累計興行収入

社会 文化

東宝とアニプレックスは14日、配給するアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃(やいば)』無限列車編」の累計興行収入が302億8900万円に達したと発表した。日本で上演された映画作品の中で300億円を超えたのは2001年に公開された宮崎駿監督アニメ「千と千尋の神隠し」以来。

吾峠呼世晴さんの人気漫画が原作の「鬼滅」は、10月16日の映画公開を受けブームが一層加熱。今月4日には原作の最終23巻が発売され、多くの書店に早朝から熱心なファンが長蛇の列を作った。全国紙5紙の4日付朝刊には、キャラクターが描かれた全面広告が掲載されたほか、新語・流行語大賞に「鬼滅の刃」が入選している。

興行収入の歴代1位は「千と千尋」の308億円で、現在2位の「鬼滅の刃」がいつ超えるかが次の焦点となる。

映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の一場面。主人公の竈門炭治郎=(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の一場面。主人公の竈門炭治郎=(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 趣味・娯楽 文化 社会 日本