白石被告に死刑判決=「史上まれに見る悪質さ」―座間9遺体・東京地裁支部

社会

神奈川県座間市のアパートで、10~20代の男女9人の遺体が見つかった事件で、強盗・強制性交殺人罪などに問われた白石隆浩被告(30)の裁判員裁判の判決が15日、東京地裁立川支部であり、矢野直邦裁判長は「犯罪史上、まれに見る悪質な犯行」と述べ、求刑通り死刑を言い渡した。

裁判では、殺害行為に被害者の承諾があったかが最大の争点だった。矢野裁判長は、承諾を否定し続けた白石被告の公判中の供述について、「基本的に信用できる」と判断。殺害前、女性8人は被告に失神させられた後に乱暴され、男性も前触れもなく襲われるなど、想定しない被害に遭ったことも考慮し、9人がいずれも「承諾していなかった」と結論付けた。

もう一つの争点となった被告の刑事責任能力についても、責任能力があるとした起訴前の精神鑑定の信用性を認め、「心神喪失や心神耗弱の状態にはなかった」とした。

その上で、「9人が殺害された結果は極めて重大だ」と指摘。自殺願望を示した被害者に酒や薬を勧めて襲う手口は「巧妙、卑劣」で、動機も金銭欲や性欲などを満たすためだったとし、「酌量の余地は全くない。人命軽視の態度は甚だしい」と非難した。

被告はこれまでの公判で「(判決が出れば)控訴せず、罪を認めて罰を受けるつもりだ」と述べていたが、弁護人は閉廷後、控訴を検討する考えを示した。

判決によると、被告は2017年8~10月、ツイッターなどで被害者と接触し、自宅に招いてロープで首をつって殺害。全員から現金を奪い、遺体を解体、遺棄した。

白石隆浩 被告(フェイスブックより)白石隆浩 被告(フェイスブックより)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 裁判 日本 東京都 神奈川県