国内死者、最多53人=重症592人も―新型コロナ

社会 暮らし

国内では15日、新型コロナウイルスに感染した死者が新たに53人確認され、1日当たりの最多を更新した。厚生労働省によると、重症者は前日から4人増え、過去最多の592人だった。

新たに確認された死者は、東京都が緊急事態宣言解除後で最も多い9人、北海道11人、大阪府10人など。全国の死者の累計は2715人となった。

15日に確認された国内の新規感染者は2436人で、2日ぶりに2000人を超えた。高知県(36人)、栃木県(35人)で最多を更新、福島県(17人)も最多に並んだ。高知市の細木病院では精神科病棟でクラスター(感染者集団)が発生し、入院患者ら17人の感染が判明した。

東京都では460人が新たに陽性となった。都内の新規感染者が300人を超えたのは8日連続。重症者は前日比4人増の77人となり、2日連続で最多を更新した。

都によると、年代別では20代の125人、30代91人、40代71人の順で多い。65歳以上は72人だった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本 東京都