11月訪日客、5万6700人=入国制限緩和も97.7%減

政治・外交 経済・ビジネス

日本政府観光局が16日発表した11月の訪日外国人数(推計値)は前年同月比97.7%減の5万6700人だった。新型コロナウイルス感染拡大で大幅なマイナスが続いている。政府はビジネス目的を中心に入国制限を緩和しているが、回復のペースは鈍い。

国・地域別では、中国が1万8100人と最も多く、ベトナムの1万4700人、インドネシアの3400人と続いた。留学や技能実習、ビジネス目的の入国が多かった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 観光 観光政策 統計 日本