35人学級へ来年法改正=公立小、閣僚折衝で合意

政治・外交

2021年度予算編成で焦点となっていた少人数学級の実現をめぐり、公立小学校の1クラスの人数を25年度までに全学年で35人以下に引き下げることが決まった。学級の上限人数を定める義務教育標準法の改正案を21年の通常国会に提出する。麻生太郎財務相と萩生田光一文部科学相による17日の閣僚折衝で合意した。

現行の上限人数は1クラス40人(小学1年のみ35人)で、21年度から5年間かけて少人数化に必要な教職員を確保する。21年度は小2が対象で、それ以降は毎年1学年ずつ低学年から順に35人学級に移行させる。小学校全体で上限人数を引き下げるのは約40年ぶりとなる。

記者会見する萩生田光一文部科学相=17日午前、文科省記者会見する萩生田光一文部科学相=17日午前、文科省

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 財政 文教政策 日本