大飯原発訴訟、国が控訴=設置許可取り消し判決で

経済・ビジネス 社会

関西電力大飯原発3、4号機(福井県)について、想定される地震の揺れ(基準地震動)が過小評価されているとして、同県などの住民が原子力規制委員会による設置変更許可処分の取り消しを求めた訴訟で、国は17日、処分を取り消した大阪地裁判決を不服として、大阪高裁に控訴した。

4日の地裁判決は、想定の地震規模に関し、平均値より大きくなる「ばらつき」を考慮しなかった規制委の判断過程に「看過しがたい過誤、欠落がある」と指摘し、処分は違法と結論付けた。関電は国側の参加人として訴訟に関わった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 原子力 裁判 社会 日本 北陸 福井県 大阪府