伝統建築「工匠の技」、無形遺産に=ユネスコ登録決定

社会 文化

国連教育科学文化機関(ユネスコ)の政府間委員会は17日、日本が提案していた「伝統建築工匠の技 木造建造物を受け継ぐための伝統技術」を無形文化遺産に登録すると決めた。登録は2018年の「来訪神 仮面・仮装の神々」以来で、国内の無形文化遺産は22件となった。

工匠の技は、国が認定した文化財保存に不可欠な「選定保存技術」のうち、かやぶき、古式の木工技術など木造建築に関わる17件(14団体)。かやぶきに使うススキやヨシなどを採取する「茅採取」、漆の木から樹液を採取する「日本産漆生産・精製」、手すき和紙に挟んで金を打ち延ばす「縁付金箔製造」なども含まれる。

政府間委員会は「有形文化遺産である建造物との本質的な関係に光を当て、持続可能な開発に沿った提案だ」などと評価した。

政府は18年にユネスコに提案したが、登録件数の多い日本の審査が先送りされたため、19年に再提案。今年11月、ユネスコの評価機関が登録を勧告していた。

ユネスコ無形文化遺産への登録が決まった伝統技術の茅採取(日本茅葺き文化協会提供)ユネスコ無形文化遺産への登録が決まった伝統技術の茅採取(日本茅葺き文化協会提供)

ユネスコ無形文化遺産への登録が決まった伝統技術の日本産漆生産・精製(日本うるし掻き技術保存会提供)ユネスコ無形文化遺産への登録が決まった伝統技術の日本産漆生産・精製(日本うるし掻き技術保存会提供)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文化・歴史(文系的) 文化 社会 住宅 日本