「桜」疑惑、安倍氏が国会で説明意向=野党「理想は証人喚問」

政治・外交

安倍晋三前首相は18日、自身の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭をめぐる疑惑に関し、「捜査の結果が出次第、誠意をもって答えたい。国会にも誠実に対応していきたい」と述べ、国会での説明に応じる考えを示した。衆院議員会館で記者団に語った。

安倍氏の国会での説明は、野党が強く要求していた。与党も応じる方向で調整しており、議院運営委員会で実施したい考え。野党は虚偽の答弁をすれば偽証罪に問われる証人喚問を含め、公開の場への出席を主張している。

立憲民主党の枝野幸男代表は記者団に「国会でうそをついたのだから、偽証罪に問われる場が理想だ」と強調。同党の安住淳国対委員長は記者団に「国民に見えない形は受け入れられない。偽証罪が問えるような厳しい状況で答弁してしかるべきだ」と述べた。時期については「今年中の実現が当然だ」と語った。

公明党の石井啓一幹事長は記者会見で「疑惑を持たれた政治家は説明責任を果たすことが重要だ。しっかり説明することを期待する」と述べた。

「桜を見る会」をめぐる問題について記者団の質問に答える安倍晋三前首相(中央)=4日、国会内「桜を見る会」をめぐる問題について記者団の質問に答える安倍晋三前首相(中央)=4日、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 政局 政党 日本