徳島、宮崎で鳥インフル=感染拡大続く

政治・外交

徳島県は19日、阿波市の養鶏場で発生した鳥インフルエンザが、致死率の高い高病原性とみられることが分かったと発表した。徳島では今シーズン初。宮崎市でも同日、鳥インフルが判明しており、西日本で感染拡大が続いている。

宮崎県では今年8例目となる。両県は感染拡大を防ぐため、阿波市の養鶏場で約1万羽、宮崎市の養鶏場では約3万4000羽をそれぞれ全て殺処分する。半径10キロ圏内にある養鶏場の鶏や卵の移動を制限する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 日本 九州 宮崎県