林家こん平さん死去、77歳=演芸番組「笑点」の人気者

社会 文化

人気お笑い番組「笑点」などで活躍した落語家の林家こん平(はやしや・こんぺい、本名笠井光男=かさい・みつお)さんが17日午後2時2分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため、東京都内の自宅で死去した。77歳だった。新潟県出身。葬儀は近親者のみで済ませた。喪主は長男雄作(ゆうさく)さん。後日お別れの会を予定。

1958年、初代林家三平さんに入門し、72年に真打ち昇進。日本テレビの人気演芸番組「笑点」の大喜利メンバーとして約40年にわたり活躍。「1、2、3、チャラーン」と張りのある声を上げるギャグなどで人気者になった。

卓球好きでも知られ、落語家らでつくる「らくご卓球クラブ」を創設。2005年に体のまひなどさまざまな症状が出る神経系難病の多発性硬化症と診断されて公表、闘病を続けていた。06年から落語協会相談役。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 社会 訃報 日本 新潟県 甲信越