伊勢谷友介被告に有罪=自宅で大麻所持―東京地裁

社会 文化

自宅で大麻を所持したとして、大麻取締法違反罪に問われた俳優、伊勢谷友介被告(44)の判決が22日、東京地裁であり、村田千香子裁判官は「リラックスするためという動機を酌むことはできない」と述べ、懲役1年、執行猶予3年(求刑懲役1年)を言い渡した。

村田裁判官は判決で、「所持していた大麻は自己使用目的としては多量。使用歴も考慮すると、被告の大麻との関わりは深い」と指摘。一方で、仕事関係者らに与えた影響の大きさを自覚し、二度と大麻に手を出さないと誓っていることなどを踏まえ、執行猶予が相当と述べた。

伊勢谷被告は髪を短く刈り込み、黒のスーツ姿。直立不動のまま判決に聞き入り、裁判官から「大麻との関わりを断ち切って、今後また活躍してほしいと願っています」と語り掛けられると、深く頭を下げて法廷を後にした。

判決後、「皆さまの信頼を裏切り深くおわび申し上げます。自分の人生を諦めず生きていきたい」などとするコメントを発表した。

伊勢谷友介被告伊勢谷友介被告

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 社会 裁判 日本 東京都