日本はOECD中19位=19年、1人当たりGDP

経済・ビジネス

内閣府は24日、2019年の日本の国民1人当たりの名目GDP(国内総生産、ドル換算額)が経済協力開発機構(OECD)加盟37カ国中、19位だったと発表した。順位は前年より一つ上がった。

日本の1人当たり名目GDPは、前年に比べ2.4%増の4万791ドル。前年より円高・ドル安となりドル換算額が増えたことも寄与した。順位は13年以降、18~20位の間で低迷が続いている。

首位はルクセンブルクで、スイス、アイルランド、ノルウェーなどが続いた。米国は6位。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 景気動向・マクロ経済 統計 日本