安倍氏「国会の信頼傷つけた」=議員辞職を否定―「桜」問題、野党は証人喚問要求

政治・外交

自民党の安倍晋三前首相は25日、衆参両院の議院運営委員会に出席し、自身の後援会主催「桜を見る会」前夜祭をめぐる首相在任中の国会答弁が誤っていたと述べ謝罪した。「国会に対する国民の信頼を傷つけることになった。全ての国会議員に深く心よりおわびする」と表明。一方、議員辞職はしない考えを示した。

野党側は説明が不十分だとして、うその証言をすれば偽証罪に問われる証人喚問への出席などさらなる説明を求めた。安倍氏は議運委終了後、記者団に「説明責任は果たせた。来年の選挙に出馬したい」と語った。

安倍氏は冒頭、一連の会計処理に関し「(自身が)知らない中で行われたとはいえ、道義的責任を痛感している。深く深く反省する」と語った。

立憲民主党の辻元清美氏は、前夜祭に関する領収書や明細書を国会に提出するよう要求。安倍氏は領収書については検討する意向を示したが、明細書は「ホテルの営業上の秘密に当たる」として拒否した。

辻元氏は「議員辞職に値する」と批判。これに対し、安倍氏は「国民の信頼回復のため、あらゆる努力を重ねる」と述べ、否定。辻元氏は「虚偽が言えない喚問を求める」と訴えた。

立憲の黒岩宇洋氏は「(安倍氏側が前夜祭費用を補ったのは)参加者への利益供与」と非難。安倍氏は「利益供与に当たらないとの判断を捜査当局がした」とし、問題ないとの考えを強調した。

公明党の竹谷とし子氏は、前夜祭の収支の有無を自身でホテルに確認すればよかったと指摘。安倍氏は「秘書を全面的に信頼をしていた」と釈明し、「調べていれば収支報告書の修正で(済み)問題がなかった。たいへんじくじたる思いがある」と語った。

国会答弁の誤りが明らかになったことを受け、衆院議院運営委員会で経緯を説明する安倍晋三前首相=25日午後、国会内国会答弁の誤りが明らかになったことを受け、衆院議院運営委員会で経緯を説明する安倍晋三前首相=25日午後、国会内

衆参両院の議院運営委員会出席を終え、記者団の取材に応じる安倍晋三前首相(右から2人目)=25日午後、国会内衆参両院の議院運営委員会出席を終え、記者団の取材に応じる安倍晋三前首相(右から2人目)=25日午後、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 日本