「鬼滅」、興収1位に=「千と千尋」超え、324億円余

社会 文化

歴史的ヒットとなったアニメ映画「劇場版『鬼滅の刃(やいば)』無限列車編」の国内興行収入が27日までに324億7800万円に達した。配給する東宝とアニプレックスが28日、発表した。映画情報を発信する興行通信社によると、宮崎駿監督のアニメ作品「千と千尋の神隠し」(2001年)の316億8000万円を抜き、日本で上映された作品として歴代1位となった。

劇場版は10月16日の公開後、3日間で計46億円の興行収入を達成。その後も、公開10日間で100億円、同24日間で200億円を突破。12月半ばには300億円の大台に乗せた。いずれも過去最速だった。

映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の一場面。主人公の竈門炭治郎((C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の一場面。主人公の竈門炭治郎((C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)

映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の一場面。登場人物の煉獄杏寿郎((C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」の一場面。登場人物の煉獄杏寿郎((C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 芸能 文化 社会 趣味・娯楽 日本