急逝の羽田雄一郎氏、新型コロナが死因=現職国会議員で初

政治・外交

27日に急逝した立憲民主党の羽田雄一郎参院幹事長(53)について、死因が新型コロナウイルス感染症だったことが分かった。同党の福山哲郎幹事長が28日の記者会見で明らかにした。東京都監察医務院による検視結果という。現職の国会議員がコロナ感染で死去したのは初めて。

福山氏によると、羽田氏は24日深夜に38.6度の発熱があり、25、26両日は東京都内の自宅で療養。体調不良が続いたため、27日午後に都内の病院でPCR検査を受ける予定だった。

しかし、秘書の運転する車で病院へ向かう途中に「俺、肺炎かな」と語った後、意識を失ったという。救急車で東大病院(東京都文京区)に緊急搬送されたが、同日午後4時34分に亡くなった。

死亡したのが病院到着前だったため検視対象となり、コロナ感染が確認された。羽田氏には糖尿病などの基礎疾患があったという。

コロナ感染のため葬儀は行われず、党などが主催する形で「お別れの会」を後日予定している。

羽田雄一郎氏羽田雄一郎氏

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本