バスマット2万枚にアスベスト=ヤマダ電機、イズミなど販売―厚労省

経済・ビジネス

厚生労働省は28日、不二貿易(北九州市)が輸入した珪藻(けいそう)土のバスマット11種類に、アスベスト(石綿)が含まれていると発表した。ヤマダ電機やイズミ、ホームセンターのグッデイ(福岡市)などに卸され、2万枚を超える商品が既に販売された。

アスベストが含まれている可能性があるのは、いずれも今年7月以降に販売されたバスマット計2万3658枚。厚労省は、商品が破損するとアスベストが飛散する恐れがあるため、破損している場合などはビニール袋に入れて封をし、販売業者らが回収するまで保管するよう呼び掛けている。ヤマダ電機とイズミの販売分は両社が回収するほか、他の商品は不二貿易が回収の相談に応じるという。

問い合わせ先は、不二貿易が(0120)115668、ヤマダ電機が(0570)078181、イズミが(0120)664687。

珪藻土は吸水性の高い素材として、生活用品に使われている。ただ今月に入り、バスマットやコースターなどで基準を上回るアスベストを含有している例が相次いで判明している。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 情報開示 消費者対策 日本 中国 広島県 広島市