都知事、緊急事態宣言要請へ=コロナ感染拡大で医療逼迫、西村担当相と面会

社会 暮らし 政治・外交

東京都の小池百合子知事が新型コロナウイルスの感染急拡大に伴い、政府に緊急事態宣言の発令を求めることが2日、分かった。同日午後、西村康稔経済再生担当相と面会して要請する。

会談には、埼玉県の大野元裕知事も同席する予定。都は飲食店の営業時間短縮や外出自粛の要請などを行ってきたが、都内の新規感染者は昨年12月31日に過去最多の1337人を記録した。医療提供体制も逼迫(ひっぱく)しており、都は新型コロナの特別措置法に基づき、休業要請などさらに強い対策を行える緊急事態宣言について政府に要請する検討を進めていた。

小池氏は、12月30日の記者会見で「年末年始で感染を抑えなければ、ますます厳しい局面に直面する」と強調。「緊急事態宣言の発出を要請せざるを得なくなる」と話していた。

政府は感染拡大「第1波」となった昨年4月7日、東京など7都府県を対象に緊急事態宣言を発令。その後全国に広げたが段階的に解除し、5月25日に全面解除した。

新年の銀座を行き交う買い物客ら=2日午後、東京都中央区新年の銀座を行き交う買い物客ら=2日午後、東京都中央区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 (社会)保健衛生医療・社会保障行政 日本 東京都