解散、コロナ対応優先で判断=菅首相

政治・外交

菅義偉首相は4日の記者会見で、衆院解散の時期に関し「(衆院議員の)任期も決まっている。時間の制約も前提によくよく考えた上で判断したい」と述べた。「当面は新型コロナウイルスの感染対策を最優先に取り組んでいきたい。日本経済全体を見渡し、再生に向けても取り組む必要がある」と強調した。

一方、次期自民党総裁選への出馬については「先の話だ」と述べるにとどめた。

首相はいったん、会見の中で解散のタイミングを「秋のどこか」と発言した。しかし、終了後、官邸報道室を通じて「秋までのどこか」と訂正した。言い間違えたとみられる。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 選挙 日本