マグロ初競り、安値スタート=コロナ禍で静かな幕開け―豊洲市場

経済・ビジネス

東京・豊洲市場(江東区)で5日朝、新春の初競りが行われた。新型コロナウイルスの感染再拡大で自粛ムードが広がる中、クロマグロの競りは昨年までのような超高値は付かず、静かなスタートとなった。

注目されたマグロの競りは、鐘の音の合図とともに午前5時10分に開始。1番人気は、208.4キロの青森県大間産で、1キロ当たり10万円、1匹2084万円の値が付いた。

「国産天然もの」が、昨年の2倍近く上場されたことや、コロナ禍で外食需要が低迷しているため、昨年の1億9320万円には遠く及ばなかった。

最高値のマグロを入手したのは、同市場の仲卸業者。昨年まで最高値で競り落としていたすしチェーン「すしざんまい」を運営する喜代村の木村清社長は「コロナ禍で店の営業短縮も求められており、派手に買うのは控えたかった」と語った。

競りに先立ち、市場関係者らを前にあいさつに立った卸会社の幹部は、感染対策の必要性を強調した上で「生鮮食料品の安定供給をオール市場で続けたい」と抱負を述べた。

初競りが行われた豊洲市場に並ぶ生マグロ=5日早朝、東京都江東区初競りが行われた豊洲市場に並ぶ生マグロ=5日早朝、東京都江東区

豊洲市場での初競りを終え、取材に応じる「すしざんまい」を展開する喜代村の木村清社長=5日早朝、東京都江東区豊洲市場での初競りを終え、取材に応じる「すしざんまい」を展開する喜代村の木村清社長=5日早朝、東京都江東区

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 販売・価格改定・販促・見本市など 日本 東北 青森県 東京都