21年世界成長、4%に下げ=コロナ再拡大で回復鈍化―世銀予測

経済・ビジネス

【ワシントン時事】世界銀行は5日、2021年の世界全体の成長率が4.0%に回復するとの予測を公表した。新型コロナウイルス流行を受け、戦後最悪の不況に陥った20年から日米欧など先進諸国と中国の主導で持ち直す。ただ感染再拡大が響き、前回20年6月時点の見通しから0.2ポイント下方修正した。日本は2.5%の予測を維持した。

各国が経済対策、金融緩和策を講じたことで、20年はマイナス4.3%と前回予測(マイナス5.2%)から上方修正した。しかし、昨秋以降のコロナ再拡大で回復が鈍化。21年の成長率はリーマン・ショック後の10年以来の大きさだが、世界全体の経済規模はコロナ前を5.3%下回るとみられ、雇用などに深い傷を残すと懸念を示した。

日本は20年のマイナス5.3%から21年はプラス成長に戻ると予想。ただ、感染再拡大に伴い「持ち直し始めていた景気は急速に回復の勢いを失った」と分析した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 経済調査・分析 景気動向・マクロ経済 中国 日本