与野党、国会議員の会食ルール検討へ=ネットで批判殺到、見送り論も

政治・外交

与野党は6日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた緊急事態宣言の再発令に合わせ、国会議員の会食ルールを検討することを決めた。これに対し、インターネット上では「他人に我慢を強いて、自分は我慢できないのか」などと批判が殺到。早くも見送り論が出ている。

自民、立憲民主両党の国対委員長は同日の会談で、会食ルールの必要性を確認。衆参両院の議院運営委員会で検討することを申し合わせた。関係者によると「午後8時まで、4人以下」とする方向で調整しているという。

しかし、この動きがネット上で報じられると、コメント欄は批判一色に。「議員がこの程度の危機感だから国の対策は進むはずがない」「(国民から)文句を言われずに会食できる方法を探している」などと厳しい言葉が並んだ。

これを意識してか、同日の衆参議運委理事会で、会食ルールは議題にならなかった。与野党は7日以降に改めて協議する見通しだ。

会談に臨む自民党の森山裕国対委員長(右)と立憲民主党の安住淳国対委員長=6日、国会内会談に臨む自民党の森山裕国対委員長(右)と立憲民主党の安住淳国対委員長=6日、国会内

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政党 日本