政府・日銀「市場動向を注視」=緊急事態宣言で臨時会合

政治・外交

財務省と金融庁、日銀は7日、政府の緊急事態宣言の発令を前に、金融市場の動向に関する臨時の情報交換会合を開いた。終了後に記者会見した岡村健司財務官は「市場の安定は極めて重要。動向を注視していく」と述べ、必要があれば政府と日銀が一体となって取り組む考えを改めて示した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 金融政策 日本