加藤官房長官「断じて受け入れず」=慰安婦訴訟、韓国に抗議

政治・外交

加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、韓国地裁による慰安婦訴訟の判決を受け、「極めて遺憾であり、断じて受け入れることはできない」と述べた。その上で、日本政府が韓国の裁判権に服さないとする国際法上の「主権免除」の原則を踏まえ、「控訴する考えはない」と表明した。

加藤氏は「韓国が国際法違反を是正するために適切な措置を講ずることを強く求めたい」と強調。ただ、駐韓大使の召還などの対抗措置については「健全な日韓関係に戻すべく、韓国に適切な対応を引き続き求めたい」として、慎重な考えを示した。

外務省の秋葉剛男事務次官は同日、韓国の南官杓・駐日大使を同省に呼び、厳重に抗議。同省幹部は「常識的にも、国際法上もあり得ない判決だ」と批判した。

記者会見する加藤勝信官房長官=8日、首相官邸記者会見する加藤勝信官房長官=8日、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 韓国