解散「何カ所か時機ある」=安倍氏の説明に理解―菅首相

政治・外交

菅義偉首相は10日のNHK番組で、衆院解散・総選挙のタイミングについて、10月の衆院議員の任期満了までに「何カ所か時機があると思う」と述べた。その上で、「まずはコロナ問題に全力を挙げて取り組んでいきたい」と述べ、新型コロナウイルス感染拡大への対応を優先する考えを示した。

「桜を見る会」前夜祭をめぐる安倍晋三前首相の説明責任に関しては、「できる限りの説明はされた」と述べ、先の衆参両院議院運営委員会の答弁などで一定程度果たされたとの認識を示した。「前首相の説明が事実と異なっていたことを重く受け止めている」とも指摘。官房長官当時の自身の国会答弁も結果的に事実に反していたとして「大変申し訳ない」と陳謝した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 政府・内閣 選挙 日本