吉川元農水相、在宅起訴検討=収賄罪、鶏卵業者から500万円―東京地検

社会

自民党衆院議員だった吉川貴盛元農林水産相(70)=北海道2区、議員辞職=が、大手鶏卵生産会社前代表(87)から大臣在任中に現金を供与された疑いがある事件で、東京地検特捜部が吉川氏を収賄罪で在宅起訴する方向で検討を進めていることが12日、関係者への取材で分かった。

吉川氏は手術を受け、病院に入院中。特捜部は議員会館の事務所などを既に家宅捜索しており、逃亡や証拠隠滅の恐れが低く、身柄拘束の必要はないと判断しているもようだ。

現金を渡した前代表についても、高齢であることなどから贈賄罪で在宅起訴する方向で調整している。

関係者によると、吉川氏は大手鶏卵生産会社「アキタフーズ」(広島県福山市)前代表から、農水相在任中の2018年11月と19年3月にそれぞれ200万円、同年8月に100万円の計500万円を受領した疑いが持たれている。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 日本 北海道 東京都