都内受け入れ未定6000人超=新型コロナ、1週間で倍増―厚労省助言組織

政治・外交 暮らし

新型コロナウイルス対策を助言する厚生労働省の専門家組織「アドバイザリーボード」の会合が13日午前、開かれた。同組織は、感染者が急増する自治体では入院調整が難しい例が増え、新型コロナ診療と通常医療の両立が困難な状況が拡大しつつあると分析。東京都内では、入院先や宿泊療養先が未定で調整中の人が9日までの1週間で6000人超に達し、前週の約3000人から倍増したとのデータが示された。

全国の新規感染者数については、「特に東京での急速な増加に伴い、年末から増加傾向が強まり、過去最多の水準の更新が続く」との見解をまとめた。年明け以降、中京圏や関西圏、九州などでも感染者が急増しているとした。

東京などの大都市圏での昨年末の感染拡大は、職場の宴会や若者が飲食する場面が主な要因と分析し、高齢者へのさらなる感染拡大に懸念を示した。年明けからの全国的な感染者急増に関しては、「帰省による親戚との会食などが要因の一つと考えられる」と指摘した。

感染者1人が平均して他人にうつす人数「実効再生産数」は、全国で感染拡大を示す「1」を超える1.14(昨年12月27時点)との推定値が示された。各地の推定値(同日時点の直近1週間平均)は、緊急事態宣言が出た1都3県では、東京1.09、埼玉1.06、千葉1.23、神奈川1.09だった。13日に宣言対象に追加される大阪府は1.84と高水準だった。

厚生労働省や環境省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関厚生労働省や環境省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース (社会)保健衛生医療・社会保障行政 暮らし 日本 東京都