中国から日本や台湾を防衛=米政権のインド太平洋戦略―内部文書公開

政治・外交

【ワシントン時事】米政府は12日、トランプ政権のインド太平洋戦略の大枠を定めた内部文書を公開した。文書は、急速に軍事力を拡大する中国に対抗するため、「(日本や台湾を含む)第1列島線に位置する国・地域を守るための防衛戦略を立案・履行する」と明記した。中国やロシアとの大国間競争にかじを切ったトランプ政権が、国家安全保障戦略を実施する際の指針にした文書という。

「インド太平洋における戦略的枠組み」と題された文書は2018年2月に政府内で認可され、先週機密指定が解除された。その中で、(1)沖縄からフィリピンを結ぶ第1列島線の域内で、中国が制空・制海権を長期間確保することを防ぐ(2)台湾を含む第1列島線に位置する国を防衛する(3)第1列島線域外では陸海空など全領域を支配する―ことを目標に掲げた。

また、日本がインド太平洋安全保障構造の中で「地域的に統合され、技術的に進んだ柱」になれるよう助力すると強調。「韓国が朝鮮半島以外の地域安全保障問題でより大きな役割を果たせるよう働き掛ける」とも記した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 中国 インド 日本 韓国 フィリピン ロシア 台湾 米国