五輪時の日朝対話に意欲=拉致解決へ「チャンス逃さず」―菅首相

政治・外交

菅義偉首相は13日の記者会見で、今夏の東京五輪・パラリンピックに合わせて北朝鮮要人が来日を希望する場合、日本人拉致問題の解決に向けて対話をすることに意欲を示した。

首相は「拉致問題は菅内閣にとっても最重要課題だ。条件を付けずに金正恩委員長(朝鮮労働党総書記)と直接向き合う決意だ」と強調。「大会への北朝鮮の参加は国際オリンピック委員会(IOC)や大会組織委員会の間で調整する。そうしたことを注視し、チャンスを逃さないようにしたい」と述べた。

記者会見に臨む菅義偉首相(中央)=13日午後、首相官邸記者会見に臨む菅義偉首相(中央)=13日午後、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 北朝鮮