新型コロナ対応力、日本は45位=首位はニュージーランド―豪シンクタンク番付

社会 暮らし

【シドニー時事】オーストラリアの有力シンクタンクのローウィー国際政策研究所は28日までに、各国・地域が新型コロナウイルスにどの程度うまく対応できたのかを指数化し、ランキングにまとめた。調査した98カ国・地域ではニュージーランド(NZ)が首位。日本は中間の45位で、米国は94位と低迷した。

同研究所は、各国・地域で100人目の感染者が確認されてから36週間の期間を対象に、感染者や死者、検査数など入手可能なデータを、人口当たりの数値も加味した上で指数化した。各国が感染防止のために講じた具体策は考慮していない。2位にベトナム、3位に台湾と続き、アジア太平洋勢がトップ10のうち6カ国・地域を占めた。

研究所は「人口が1000万人に満たない小規模国家が、それよりも大きい国の実績を一貫して上回った」と指摘した。国境閉鎖や制限措置など機動的な対応が可能だったためとみられる。

調査では新型コロナの感染が最初に広がった中国は一部数値が入手できなかったとして除外された。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 オーストラリア 日本 ニュージーランド 台湾 米国 ベトナム