21年度のバター輸入枠半減、6400トン=コロナで消費低迷

政治・外交 経済・ビジネス

農林水産省は29日、新型コロナウイルス感染拡大で消費が低迷しているバターについて、2021年度の輸入枠を前年度比約54%減の6400トンに縮小すると発表した。在庫が積み上がっているため、輸入を大幅に減らして需給調整する。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 農林水産政策 生産 日本