地元町長が再稼働同意=高浜原発、40年超で初―福井

経済・ビジネス 社会

関西電力が40年を超える運転を目指す高浜原発1、2号機(福井県高浜町)について、同町の野瀬豊町長は1日、再稼働に同意する意向を表明した。同町役場で町議会議長と面談し、「原発の安全性や必要性、重要性を総合的に勘案し、町として(再稼働を)理解する」と伝えた。2日午前に杉本達治知事へ報告する。40年超再稼働に地元町長が同意したのは初めて。

野瀬町長は再稼働の判断材料として、町民の理解や町議会の同意、国による原子力政策の将来像の明確化などを挙げていた。野瀬町長はこれらの事項について、「全て確認できた」と語った。面談後、記者団に「町にとって発電所は経済、産業、行政運営に影響を与える。稼働することが町の将来に資する」などと同意の理由を説明した。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 原子力 安全・危機管理 社会 日本 北陸 福井県