ミャンマー政変、日本政府「重大な懸念」=スー・チー氏ら解放要求

政治・外交

ミャンマー国軍によるクーデターを受け、加藤勝信官房長官は1日の記者会見で「民主化プロセスが損なわれる事態に重大な懸念を有している」と表明した。その上で、アウン・サン・スー・チー国家顧問ら政権幹部の解放を国軍に求めた。

加藤氏は「日本政府はミャンマーの民主化プロセスを強く支持してきた。これに逆行する動きには反対だ」と強調。国軍に対し、民主的な政治体制の回復を強く求めていくと語った。加藤氏によると、現時点で在留邦人の被害情報はないという。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 外交 日本 ミャンマー