公立小に「35人学級」導入=義務教育標準法改正案を決定

政治・外交

政府は2日の閣議で、公立小学校の学級人数の上限を35人に引き下げる義務教育標準法改正案を決定した。2025年度までに段階的に「35人学級」を導入し、きめ細かな指導体制を築く。まず21年度は小2を対象とし、それ以降は毎年1学年ずつ低学年から順に35人学級に移行させる。

現行の上限人数は小2~小6が40人で、小1のみ11年度に35人学級へ移行済み。小学校全体で人数を引き下げるのは約40年ぶりとなる。改正案には、少人数化が教育に与える影響や効果を研究する規定も盛り込んだ。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 文教政策 日本