「パートナー」から「隣国」=対日関係悪化を反映―韓国国防白書

政治・外交

【ソウル時事】韓国国防省は2日、2020年版の国防白書を公表した。白書では対日関係について、前回(18年版)は「パートナー」としていた表記を「隣国」と表現するにとどめた。18年末の韓国軍による海自哨戒機へのレーダー照射問題などで日韓関係が冷え込んだことを反映した。

白書は2年ごとに発行し、文在寅政権下では2回目。今回の白書では日本が「両国関係だけでなく北東アジアおよび、世界の平和と繁栄のためにも共に協力していくべき隣国だ」と説明し、聯合ニュースは表現を「格下げだ」と伝えた。

韓国の文在寅大統領=1日、ソウル(EPA時事)韓国の文在寅大統領=1日、ソウル(EPA時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 安保・防衛(政治面) 日本 韓国 北朝鮮