チリ人元交際相手を起訴=筑波大生不明事件―フランス

社会

【パリ時事】フランス東部ブザンソンに留学していた筑波大生、黒崎愛海さん(東京都出身)が2016年12月に行方不明になった事件で、仏予審判事は2日、チリ人の元交際相手ニコラス・セペダ容疑者を殺人罪で起訴した。ブザンソンのマントー検事がAFP通信に明らかにした。早ければ秋にも公判が開かれる見通し。

フランスでは重大事件の場合、検察よりも幅広い権限を持つ予審判事が捜査を行い、起訴の可否を判断する。マントー氏は今年1月の記者会見で、セペダ容疑者の起訴を予審判事に請求したと明らかにしていた。AFPによると、マントー氏は予審判事の決定について「とても良いニュースだ」と述べた。

黒崎さんは、セペダ容疑者と夕食を共にした後に行方が分からなくなり、直後に同容疑者はチリへ帰国した。仏検察は、恋愛感情のもつれから黒崎さんを殺害したとみて、チリにセペダ容疑者の引き渡しを要請。昨年7月に仏側に身柄が移され、殺人容疑で本格捜査が行われていた。セペダ容疑者は一貫して関与を否認している。

筑波大生不明事件のニコラス・セペダ容疑者=2020年3月、サンティアゴ(AFP時事)筑波大生不明事件のニコラス・セペダ容疑者=2020年3月、サンティアゴ(AFP時事)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 事件・犯罪 社会 チリ フランス 日本 東京都