河井案里被告が議員辞職=買収事件で有罪確定へ―4月に参院広島再選挙

政治・外交

2019年7月の参院選広島選挙区をめぐる公職選挙法違反(買収など)事件で有罪判決を受けた参院議員の河井案里被告(47)=自民離党=が3日、秘書を通じて山東昭子参院議長宛てに辞職願を提出し、参院本会議で許可された。案里被告は控訴せず、有罪が確定する運びで、4月25日に同区再選挙が実施される。

案里被告は辞職願提出後にコメントを発表し、「一審でも信頼を回復できなかったことは政治家として情けなく、政治的責任を引き受けるべきだと考えた」として控訴しないと表明した。検察も控訴しない方針。控訴期限の今月4日に有罪が確定、当選無効となり再選挙が行われる。

再選挙は、元農林水産相の吉川貴盛被告の議員辞職に伴う衆院北海道2区、羽田雄一郎元国土交通相死去に伴う参院長野選挙区の両補欠選挙と同日に投開票される。それまでに衆院解散がなければ、菅義偉首相にとって初の国政選挙となり、結果は首相の政権運営を左右しそうだ。

官房長官時代、参院選で全面支援した案里被告の辞職を受け、首相は3日、官邸で記者団に「国民から批判が上がっていることは重く受け止めている」と述べた。自民党の二階俊博幹事長は「改めて自らを律するとともに、国民の信頼回復に努めたい」との文書を出した。

河井案里被告河井案里被告

記者団の質問に答える菅義偉首相=3日夜、首相官邸記者団の質問に答える菅義偉首相=3日夜、首相官邸

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 国会 選挙 日本 中国 広島県