森会長、謝罪も辞任否定=女性への問題発言撤回―東京五輪組織委

スポーツ

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長が4日、東京都内で取材に応じ、3日の日本オリンピック委員会(JOC)臨時評議員会で女性を蔑視したと受け取れる発言をしたことについて「五輪、パラリンピックの精神に反する不適切な表現だった。深く反省している。発言は撤回したい」と述べ謝罪した。一方で「辞任する考えはない」として、引き続き大会準備の職にとどまる意向を示した。

森会長はJOC名誉委員として出席した3日の会合で「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる。誰かが手を挙げると、みんな発信したがる。競争意識が強い」などと発言した。これには、役員における女性の割合を保つことを目的としたスポーツ庁の指針について「あまりこだわって無理なことはしない方がいい」との意図だったと釈明した。森氏がトップの大会運営に反発が高まっているとの指摘には「謙虚に受け止める」と述べた。

森会長はまた、お笑いコンビ、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが別の発言を疑問視して大会聖火ランナーを辞退したことに関して、「私は走ってくださいと言う立場ではない」と言及を避けた。

日本オリンピック委員会の女性理事増員方針をめぐる発言について、取材に応じる東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=4日午後、東京都中央区(代表撮影)日本オリンピック委員会の女性理事増員方針をめぐる発言について、取材に応じる東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長=4日午後、東京都中央区(代表撮影)

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース オリンピック一般もの スポーツ 日本