国内感染40万人超す=3週間で10万人増―新型コロナ

社会 暮らし

国内では4日、新たに2576人の新型コロナウイルス感染が確認され、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者らを含めた累計が40万人を超えた。30万人に達したのは先月13日で、およそ3週間で約10万人増加したが、ペースは鈍化している。

全国の新規感染者は5日連続で3000人を下回った。死者は東京都で25人など全国で104人。厚生労働省によると、4日時点の全国の重症者数は、前日より5人減って892人となった。

国内の累計感染者が10万人に達したのは、昨年1月に初めて感染が確認されてから9カ月余りたった同10月29日。その後2カ月弱経過した12月21日に20万人を超え、23日後の今年1月13日に30万人を突破した。

増加ペースはさらに早まり、8日後の同21日に35万人に達したが、その後に5万人増えるまでは14日かかった。

東京都では4日、新たに734人の感染者が確認された。1日当たりの感染者数が1000人を下回るのは7日連続。都の基準による重症者は115人で、前日から10人減った。

厚労省によると、神奈川県の50代女性と10代男性から南アフリカで流行する変異ウイルスが検出された。女性はアフリカへの滞在歴があり、男性は女性の濃厚接触者だった。2人には不特定多数との接触はなく重症ではない。変異ウイルス感染者が同県で見つかるのは初めてで、国内の合計は70人になった。

[Copyright The Jiji Press, Ltd.]

時事通信ニュース 健康・医療 暮らし 社会 日本 東京都